総量規制対象外のキャッシングカードローンの審査通過で気を付ける事

ATMから好きなようにキャッシングを利用できるカードローンは便利ですが、消費者金融のカードローンでは総量規制の対象になってしまうのがネックです。
総量規制とは、年収の3分の1を超える融資を行ってはならないという法律です。つまり、収入が少ない人ほど借りられる金額が少なくなり、収入のない専業主婦だとまず借りられないというデメリットがあります。
その点、総量規制と言われているものではない融資の銀行系カードローンであれば、収入のない専業主婦でも申し込むことができて便利です。
誰でも受け入れてもらえそうな銀行系カードローンですが、総量規制対象外のサービスに申し込む際には、審査通過に関して、気をつける部分があります。
まず、専業主婦であるなら、配偶者に安定収入がなければ審査に通ることはありません。ご主人が失業して無職の状態が長引いていると、審査に落ちるリスクがとても高くなります。銀行系カードローンであれば、全てのサービスで専業主婦が受け入れてもらえるとは限りません。中には本人に安定収入がなければ審査に通らない銀行カードローンもありますので、申し込む前に条件をきちんとチェックしましょう。
総量規制対象外ならば、収入について何も問われないわけでもありません。借入希望額が多いと、収入証明書の提出を求められるようになります。源泉徴収票や確定申告書など、日付の新しい書類を用意して送ります。
一度に複数のカードローンに申し込むのは厳禁です。審査に通りにくくなる場合があります。